キッチンサイズのカウンター幅について

0
    JUGEMテーマ:住宅

    今日はキッチカウンターのについてです。



    まずキッチンには色々な形状がある中で、

    幅を決めるときの共通の目安となる指標があります。


    それは

    ワークトライアングルの長さの総和」

    です。



    ワークトライアングルとは、

    冷蔵庫、シンク、コンロの各前面中心を


    頂点とした三角形のことで

    その長さ、すなわち移動距離の総和によって

    作業効率を表した指標です。


     
    その長さの総和が長くなればなるほど

    動きに無駄ができやすくなりますが


    逆に短いと、配膳や収納などのスペースが足りなくなります。


     
    その点を考慮して、

    各生活スタイルに合ったキッチン形状の幅を決めていきます。



     
     
    ワークトライアングルの視点から、

    代表的なキッチン形状は、

    I↓況L型ぃ娵などがあります。


     
    その形状の特徴とワークトライアングル

    簡単に確認していきます。


     
    。彪

    皆さんご存知の通り、シンク・コンロが一直線になっている、

    最もスタンダードな形状です。


    メリットとして

    スタンダードですので、

    各メーカーの選択肢が最も多くあり、


    また価格も幅のあるコストパフォーマンスに有効な形状です。


    さらに家事動線を効率よく短くすることで、

    キッチンをあまり大きくできないような

    間取りにも対応できます。

     
    しかしデメリットともあり

    動線が重なってしまうため、

    複数人での調理には向きません。

     
    また一直線の動線になりがちで幅を広くしすぎると

    動線が伸び、行き来が面倒になります。

     
    その時は、冷蔵庫を背面に置くなどし、

    ワークトライアングルの角度をつけてやることも対策の一つです。
     

    ワークトライアングルの総和の理想=3.5m以内
     
     
    ↓況

    洗いものや下ごしらえするシンクや調理台と、

    炒めたり煮たりするコンロ・配膳場所が分けられた形状です。


    この型は、

    複数人でも調理できるように対応できるレイアウトすることが一般的で、

    そのためにシンクとコンロの幅は、

    広く確保する(120cm以上がほしい)ことが大切となります。


     
    メリットとしては、

    広い調理スペースとなるので、

    家族が多い場合や

    パーティーなど複数人でも作業にも対応でます。
     


    デメリットとしては、

    やはり広いキッチンスペースが欲しいですね。


    ワークトライアングルの総和の理想=5.5m以内
     
     
     
     
     
     
    L型

    シンクとコンロが直角に配置されていて、I型の次に多い形状です。

    メリットは、

    やはり移動が少なく、

    調理、配膳作業効率の高さでしょう。
     
    また作業スペースはL字ですので

    自ずと作業スペースも広く取れます。


     
    デメリットとしては、

    カウンターのコーナー部分がデッドスペースになりがちです。


    また収納もしかりです。

     
    最近では、メーカーもできる限り無駄なスペースにしないよう

    対策をしていますが・・・。
     


    また、広いキッチンスペースが必要となります。

     
    ワークトライアングルの総和の理想=4.8m以内
     
     
     
    ぃ娵

    カウンター、冷蔵庫、シンク、コンロが

    囲むように配置された、

    一方方向からの出入りする形状です。


     
    況燭汎瑛諭

    複数人での調理ができるよう

    作業スペースが広く確保されます。

    メリットとして

    独立した状態になるため、

    調理に集中することができます。


     
    調理スペースが広く、

    大人数の家族でもゆとりのある調理ができるでしょう。


     
    デメリットとしては

    食器棚が遠くなったり、

    食卓への配膳や後片付けの動線が長くなり、

    移動が面倒になる可能性があります。


     
    また調理スペースが広くなり、

    もてあますスペースも増える可能性があります。


     
    ワークトライアングルの総和の理想=5.5m以内
     
     
     
    以上一般的な特徴、メリット、デメリット、ワークトライアングルの総和を

    おはなししましたが、あくまで参考です。


     
    このことは、

    専門の方なら誰もが似たようなことを

    説明されると思います。


     
    だからと言って、そのことが本当に自分に合っていますか?


     
    私は、その疑問からがキッチン計画のスタートだと考えています。

     
    一般的とか、

    標準的なとか、

    言葉に流されない、

    自分の身の丈に合った「じぶんだけのキッチン」つくるために

    まず基本的なキッチンカウンター幅のお話しでした。


    以上です。

     
     

     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

               

    search this site.

                  

    profile

                           

    links

    selected entries

    categories

    archives

              

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM
    にほんブログ村 住まいブログへ
    にほんブログ村