基礎コンクリート打ち   HK-House

0

    JUGEMテーマ:住宅

     

    今日は、猛暑の中

    最後の基礎コンクリート打ちがありました。

     

     

    平時ですと地鎮祭から2週間くらいで終わるところが

    業界の異常さを物語ってるかように

    なんと、2カ月以上かかりました。

    正直、ここまでとは・・・・・。

     

    さて、

    コンクリート打ちの前には、

    基礎立上り部分に関する

    多くの検査事項があるのですが

     

    その中で

    アンカーボルトについておはなしします。

     

    アンカーボルトは

    木造の土台を基礎に

    連結するためのボルトです。

     

    土台とアンカーボルトは、

    基礎と上層の建物を繋ぐ

    かなめです。

     

    どんなに頑丈な基礎を造っても、

    又どんな頑丈な上層の建築物を造っても

    ちゃんとつながっていなければ、

    「頑丈な」という言葉は

    何の意味をなしません。

     

    ちゃんと緊結こそ

    重さに耐え

    台風が来ても飛ばされず

    地震が来ても崩れず

    我々を守る安心できる家となるのです。

     

    だからこそ

    アンカーボルト本数、位置、埋込長さ、かぶり等々

    1本1本、全て

    細かい検査をしていくことになります。

     

    この様に建物の安全・安心は、

    完成して、見えないところに

    宿っているのです。

     

    検査は、無事終了しました。

     

    ところで

    猛暑の中のコンクリート打ちのなか

    職人の熱中症対策が万全!!!

     

     

    ファン付作業服に、麦わら帽子

     

    お疲れ様でした。

     

    家つくりは今も昔も

    手造りなのだと実感できる風景です。

     

    以上基礎コンクリート打設でした。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

               

    search this site.

                  

    profile

                           

    links

    selected entries

    categories

    archives

              

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM
    にほんブログ村 住まいブログへ
    にほんブログ村